パート看護師として働く

看護師の働き方はいろいろありますが、大きく分けると常勤勤務の看護師と非常勤勤務の看護師があります。
常勤勤務の看護師であれば、正規の職員であるだけにボーナスがあったり、福利厚生がしっかりしているというメリットがあります。
逆に非常勤の看護師は自分の生活スタイルに合わせて働くことができますが、待遇面ではボーナスがないなど常勤の看護師に比べると劣るというのが基本的な違いです。

非常勤の看護師としての働き方にもいろいろありますが、パートとして働く場合のポイントを考えてみましょう。
まず、パートとして働くことの一番のメリットは、時間的融通がきくということです。
勤務日数であったり、勤務時間に融通が利くということは家族の都合に合わせて働くことができるということ。
結婚や出産を機に転職を考える看護師にとってはメリットの大きい働き方だと言えます。

パートの仕事は他の職業でもそうですが、正規の職員に比べて責任ある仕事を任される機会が少ないというのも特徴のひとつです。
また正規の職員のように雇用保険や健康保険に入るためには条件となる一定の時間以上の勤務が必要になります。

デメリットとしてはボーナスがなく、給与も主に時給換算になるパート看護師はやはり給与が安いというデメリットがあります。
扶養の範囲内で働きたいという希望があったとしても、看護師の働く医療現場は予期せぬできことが日常的に起こる職場です。
勤務を終えて帰らなくては行けない時間にも関わらず、「もう少しいてもらえる?」と言われれば帰るとは言いにくいものですよね。
パートとして働く自分としてできる仕事のラインを明確にしておくことも、パート看護師として働くうえではとても大切なことです。
転職を考えている看護師はそこらへんをきちんと確認しておくことをおすすめします。

パート看護師として働くのであれば、なぜ自分が働くのか、何のために働くのかという働く目的をはっきりさせておきましょう。
頼まれるままにズルズルと仕事をしてしまったのでは自分も大変ですし、その大変さが家族の負担にもなってしまいかねません。
職場によってはパートといいつつも、常勤の看護師と同等の業務内容を要求されることがあります。
場合によっては常勤の看護師よりも時間的な制約のある中で、同じ量の業務をこなすことを要求されることもあるかもしれませn。
就職する際にはしっかりと業務内容を確認しておくこと、常勤看護師との業務の違いまで確認しておけると安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です